【超簡単】Teams投稿の件名を追加・強調する方法!

Teams投稿に件名やタイトルを追加したい!
件名に色をつけたり投稿の背景色を変えたりして目立たせたいな。。

Teamsを使っていると、そういうニーズが出てくると思います。

この記事では、以下について誰でも簡単にわかるように丁寧に解説していきます。

【この記事を読んだらわかること】

●Teamsの投稿に件名、タイトルを追加する方法
●件名をつけられない場合があること
●件名やタイトルに色を付けたり投稿の背景色を変えて目立たせる方法

それでは、一つずつ見ていきましょう。

Teamsの投稿に件名・タイトルを追加する方法!

Teamsの投稿の件名、タイトルを追加するためには「書式モード」にする必要があります。

まず、投稿したいチームのチャネルを選び、「新しい投稿」をクリックしてください。

すると投稿を入力する画面が出てきますので、左下の「書式ボタン」をクリックします。

すると、件名を入力する画面が出てきます。

あとは件名を入れて、投稿内容を記入して右下の投稿送信ボタンをクリックするだけです。

試しに「件名を入れる方法」と入力して投稿してみました。

このように、件名は非常に簡単に入力することができます。

書式モードにすることで誤投稿(いわゆる誤爆)防止にもなる

本題からは逸れますが、書式モードにすることで投稿文章作成中にEnterを押しても送信されなくなりますので、

文章を作っている最中に間違って投稿してしまった!と誤爆する事態も防ぐことができます。

筆者はなるべく書式モードにしてから投稿の文章を打つようにしています。

特に長い文章を打つ時や、上位者など誤投稿してはまずい相手に打つときは必ずこの書式モードにしてから入力するようにしています。

スマホ版Teamsでも件名を入力できる

スマホ版Teamsでも以下の手順で件名を入力できます。

まず、投稿画面の左側の「+」ボタンをクリックします。

書式ボタンが出てきますのでクリックすると、件名入力ウィンドウが出てきます。

件名は短めに、かつ結論や言いたいことを端的に

メールと同じく、チャットでも件名・タイトルはなるべく短め、かつ結論や言いたいことを端的に表現するよう心がけてください。

あまり長すぎるタイトルは読み手の意欲を削いでしまうので、ぜひシンプルかつ投稿内容が伝わりやすい件名をつけることを意識しましょう!

件名を追加できる場合とできない場合について

ここでは件名を追加できる場合とできない場合について解説します。
(2022年8月現在の仕様の前提で解説しています)

端的に言うと、、

件名を追加できる場合:チームチャットに投稿する場合

件名を追加できない場合:個別チャットや会議中のチャットに投稿する場合

ということになります。

ちなみにチームチャットと個別チャットの違いを簡単に表現すると、

Teams左側バーの「チーム」を選択して投稿するのがチームチャット、「チャット」を選択して投稿するのが個別チャットです。

個別チャットはスレッド形式にならないので件名が追加されないのだと推測されます。

個人的には、個別チャットにも件名追加機能を付けてほしいですが・・・。

件名やタイトルに色を付けたり投稿の背景色を変えて目立たせる方法!

ここからは、件名やタイトルに色をつけたり背景色を変えて目立たせたい場合の方法を解説します。

まず、Teams投稿の件名には残念ながら、太字にしたり色を変えたりする機能は存在しません。。

その代わりに件名やタイトルを目立たせることができる「アナウンス機能」が存在します。

以下ではそのアナウンス機能の使い方について解説していきます。

アナウンス機能を使うと、以下のように件名を目立たせることができます。

アナウンス機能の使い方

アナウンス機能を使うためには、チームチャットにて投稿作成画面を開き、「書式ボタン」をクリックします。

すると作成画面の左上に「新しい投稿」というボタンが出てきますのでクリックし、「アナウンス」を選択します。

こうすることでアナウンス入力画面になります。

一番上の「見出しを入力します」のところに、目立たせたい件名・タイトルを入力してください。

その下のサブヘッドが、この記事の前半で紹介した件名になります。ここは入れても入れなくてもOKです。

見出しを入力したら、あとは通常の投稿と同じように投稿の本文を入力し、右下の投稿ボタンから投稿して完了です。

背景色や背景画像を変更することができる

件名やタイトルをもっと目立たせたい場合、アナウンス機能を使えば投稿の背景色や背景画像を変更することができます。

前章でお伝えしたアナウンス機能の見出し入力画面にしたときに右側に出てくるボタンから、背景色や画像を変更できます。

以下の画像を参考にチャレンジしてみてください。

アナウンス機能の活用の際の注意点

Teamsなどのチャットツールのいいところは、失敗しても投稿後に編集・削除できるところです。

ですので、失敗を恐れずどんどんアナウンス機能活用にチャレンジしてみてください。

ただし、投稿のたびに毎回アナウンス機能を使っていると、どれが大事な投稿なのか受け手がわからなくなってしまいますので、ここぞという時に活用することを意識していただけたらと思います。

なお、投稿後に投稿を編集・削除したい場合は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

Teamsの投稿で、改行できない、Enterを押すとそのまま投稿されてしまう・・・あるいは件名ってどうやって書くの?削除/編集する方法は?そういった疑問に一つひとつお答えしていきます![adcode]この記事を読んだら[…]

まとめ

ここまで、Teams投稿の件名を追加したり、効果的に目立たせる方法について解説してきました。

投稿に件名を追加したり、うまく目立たせることによって読み手にとって非常に理解しやすい投稿にすることができます。

ぜひ上手にTeamsの機能を活用して、Teams上級者への道を歩んでいってください。

Teamsテクを早期に上達させるためには、図解の多い以下の本なども大変参考になりますので、ぜひ読んでみてください!

それでは、最後までお読み取りいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!