【初心者でも簡単】Teamsで複数チャネルに同時投稿したり、複数人にメンション・チャット、複数会議に同時参加や複数ウィンドウでTeamsを立ち上げる方法を紹介!

Teamsを効率的に活用するために、初心者にもわかるように「複数チャネルに同時投稿」「複数人にメンション・チャット」「複数会議に同時参加」「複数ウィンドウでTeamsを立ち上げる」方法を紹介します。

この記事を読んだらわかること

【この記事を読んだらわかること】
①Teamsで複数チャネルに同時投稿する方法
②複数人にメンション・チャットする方法
③複数会議に同時参加する方法
④複数ウィンドウでTeamsを立ち上げる方法

①複数チーム・チャネルに同時投稿する方法

一つの投稿を複数のチーム・チャネルに投稿する方法を紹介します。

新しい投稿をクリックします。

左下のAとペンのマークをクリックして、「複数のチャネルに投稿」をクリックします。

次に「チャネルを選択」をクリックします。

すると様々なチーム・チャネルを複数選択できますので、同時投稿したいチャネルを選択し右下の「更新」をクリックします。

あとは通常の投稿と同様文章を入力し、投稿すれば複数投稿をすることができます。

なおチームとチャネルの違いについては以下記事をご参照ください。

関連記事

Teamsでのチームの作成方法やチームアイコンの変更、チームとチャネルの違いなどについて解説していきます。[adcode]この記事を読んだらわかること【この記事を読んだらわかること】●Teamsでのチームの作成方法●Te[…]

②複数人にメンション・チャットする方法

Teamsのチームやチャットなどで、複数人にメンションする方法を紹介します。

やり方は非常に簡単です。

チャットの画面で、@(アットマーク)を押して誰かをメンションします。

出てこない場合は、@(アットマーク)の後に半角スペースを入力するとメンション候補が出てきます。

※全角ではなく半角でないとダメなのでご注意ください

メンション相手を入力したあと、そのまま続けて再び@(アットマーク)を押します。

先ほどと同様、候補が出てこない場合は半角スペースを@(アットマーク)の前後に入れると出てきます。

この操作を続けていけば、複数人にメンションできます。

タグを使うと便利

タグを使って、一度に複数人にメンションすることもできます。

タグ とはよくメンションする人の組み合わせを予め登録できる機能です。

タグの作り方については以下記事で解説していますので、ぜひお読み取りください。

関連記事

Teamsで「タグ」ってたまに聞くけど、どんなもの?何が便利なの?タグは簡単に作れて、便利です!作り方、使い方について解説していきます。この記事を読んだらわかること●Teamsのタグとはどういうものか●タグ[…]

③複数会議に同時参加する方法

リモート会議が当たり前になってくると、今まで呼ばれなかったような会議にも呼ばれ、気づけば会議がブッキングしている・・・ということになりがちですよね。。

そんな時、複数同時に会議に出られれば便利なのに・・・と思ったことはありませんか?

その方法は2つあります。

③-1.PCとスマホなど複数デバイスから会議に出る

もしあなたがPCとスマホ、あるいは2台PCを持っているなどの環境があれば、それぞれのデバイスから会議に参加することができます。

③-2.PCのTeamsアプリとWebブラウザから会議に出る

PC1台の環境下であっても通常のTeamsアプリと、Microsoft EdgeやGoogle ChromeなどのWebブラウザから2つの会議に同時に出ることができます。

ただし、きちんとスピーカとマイクの設定を切り替えないと音声が混線したりマイクがどちらかの会議にしか使えなかったりと、不便なこともありますのであまりオススメしません。。

④複数ウィンドウでTeamsを立ち上げる方法

Teamsでのチャットの内容を見ながら、別のチャットを書きたいというシーンはよくあります。

そんな時、Teamsの画面を複数で立ち上げられたらいいのに・・・と思うことはよくありますが、Teamsを複数画面で立ち上げる方法はあります!それを紹介していきます。

④-1.チャット画面を別ウィンドウにする

チャット画面の右上の別ウィンドウに複製マークをクリックすれば、チャットを別ウィンドウで表示できます。

④-2.TeamsアプリとWebブラウザでそれぞれ表示する

Teamsは通常のアプリ表示以外にもブラウザで表示することもできますので、これを利用して複数画面で表示することができます。

まとめ

ここまで、Teamsで複数チャネルに同時投稿する方法、複数人にメンション・チャットする方法、複数会議に同時参加する方法と複数ウィンドウでTeamsを立ち上げる方法について解説してきました。

今回紹介した方法はいずれもTeamsをさらに効率的に活用する方法です。

ぜひ、皆さまの仕事やプライベートでTeamsを利用する場面でご活用ください。

読者の皆様が時間を有効活用し、浮いた時間でプライベートの時間や自己成長のための学びをさらに充実させることを願ってやみません。

それでは、最後までお読み取りいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!